子供用GPSの位置情報は、携帯電話回線を利用しており現在利用可能な回線としては3Gや4G/LTE、5Gの3種類があります。3G回線は、4G/LTEや5Gと比べると通信速度が遅いとされますがこれは送信可能にする情報量が小さいからです。ただ、3G回線だからタイムラグが非常に大きく子供用GPSには不利なイメージを持つ人も多いかと思われますが、回線の種類でタイムラグがあるわけではありません。1分から60分ごとに衛星との通信を行ってお子さんの現在位置を更新するのでタイムラグは多少発生しますが、これは更新頻度を1分間に設定することでほぼリアルタイムに現在位置を把握することが可能です。

そのため、タイムラグを可能な限り小さくすることが子供用GPSに求めたい人は設定できる更新頻度が1分間隔の製品を選ぶことをおすすめします。子供用GPSでは、現在位置をスマートフォンで確認できることは最低限の機能です。製品により本体から保護者のスマートフォンに通知を送信できるタイプもありますので、どのような使い方をしたいのかもしくはどのような使い方ができるのか把握しておくようにしましょう。通知方法は自動と手動の2種類があり、自動通知機能は事前に登録している場所に到着したとき、手動通知は昨日は本体にあるボタンをお子さんが押した際にそれぞれ通知します。

事前登録は、学校や良く遊びに行く公園や友達の家、習い事の教室など多数登録できる製品を選んでおくと便利です。子供服の小物のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です