現在のわが国では世界の動きに合わせて男女共同参画社会が推進され、女性の労働時間が増加しています。その動きに比例して、親が目の前で子供を管理することが困難になっています。このような背景の中、働きながら子供を見守る方法が求められており、GPSを使うのが人気です。これは、GPS機能を搭載したスマートフォンや小型発信機、あるいは腕時計を子供に持たせ、親がスマートフォンで場所を把握するというものです。

2018年に日本の測位衛星システムであるみちびきは4機体制に移行したため、より正確な位置情報を提供することが可能になりました。この改善は子供用GPSサービスにも大きな影響をもたらし、時間帯や場所を選ばずに安定して利用できる環境を実現しています。そのため、サービスを選択する際にはみちびきに対応しているかどうかで判断すべきとされます。子供用GPSサービスは、いわゆるサブスクリプションサービスであるのが基本です。

即ち、発生する料金は携帯電話と同じように月額料金制になります。もちろん、利用する端末本体の料金も必要ですから、決める前に本体価格と月額料金の両方を知るべきです。本体の価格は端末の種類にもよりますが、低価格帯の端末なら5、000円前後で販売されています。メッセージ送付ができるものや、会話機能が搭載されたものになれば、10、000円から20、000円と高めになります。

一方、月額料金は一般的には500円から1000円の間であり、料金はほぼ横並びです。キッズのオーバーオールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です